転職エージェントの評判は気にするな!【30代のリアルな体験談】

(この記事は5分くらいで読めます)



おけこ
こんにちは、おけこ(@kei1031jordan23)です。
転職エージェントを使って年収100万UPさせました。


プク
転職エージェントの評判が気になるな
どんな所をチェックすればいいんだろう?
リアルな体験談が知りたいな~


こんな悩みを解決出来る記事です。



なぜなら5社以上の転職エージェントを使い倒して、年収100万UPで転職成功を勝ち取ったからです。



この記事では「転職エージェントの評判についての真実」を知ることが出来ます。



最後まで読んでいただければ、転職エージェントの評判への正しい知識を得て、転職活動への理解が深まると思います。

おけこ
では行きましょう!
登録必須のおすすめ転職エージェント


【スポンサーリンク】


転職エージェントの評判は参考程度に!選び方のポイントとは?

いきなり今回の記事の本質を言っちゃいます。

おけこ
転職エージェントへのサイトの評判は参考程度にしよう!


インターネットで「転職エージェント 評判」って検索してみると、ふと疑問が生まれると思います。

プク
サイトによって評判が違うぞ?


そうなんです。あるサイトでは良い評判でも、あるサイトでは評判が低い。

こんなカオスな状況が起きてます。



転職活動終わってみて思ったのは「結局、エージェント自体にそこまで差はない」ってことです。

なんで評判が違うのかというと、

利用した人とエージェントの担当者(キャリアアドバイザー)の相性によるからです。



なのであくまで転職エージェントの評判は参考程度にして、色んな転職エージェントを見ることがおすすめです。



選ぶ際のポイントとしてはこれだけ意識して下さい。

  • 総合型2~3社、特化型1~2社を目安に複数登録する
  • 相性の良い担当者のところを選ぶ
  • 最終的に2~3社くらいで運用


転職エージェントの評判ってどんな感じ?【メリットとデメリット】

とはいえ、

どんな評判があるのかは知っておきたいですよね?



僕の実体験と色んな人達が言っている口コミをもとに

  • 良い評判
  • 悪い評判

をいくつか挙げてみようと思います。



転職エージェントの良い評判

まずはメリットとなる良い評判を上げていきます。

繰り返しになりますが、転職エージェントごとの差はほとんどないので、どの転職エージェントにも等しくある内容と思ってください。



良い評判
  1. サポートが手厚い(面接対策、書類添削など)
  2. 求人数が多い+非公開求人を紹介してもらえる
  3. 自分で気づかなかった求人に出会える
  4. 面倒な手続きを代行してくれる
  5. 完全無料で利用できる
  6. 自分の強みを発見できる


自分一人だと気付かない部分に気付いたり、サポートを受けられるのはメリットですね。



転職エージェントの悪い評判

続いて悪い評判もご紹介します。



悪い評判

  1. 内定率にはそこまで影響出ない
  2. 担当者が合わないと逆にマイナス
  3. 登録しすぎると管理が大変


こんな評判もありますね。僕は5社以上を併用していたので、管理が大変なのはめっちゃ分かります。



おすすめの転職エージェント【評判ではなく実体験を元にご紹介】

評判があまり当てにならないことが何となく分かったかと思います。



なので、

ここからは僕が実際に使った転職エージェントを実体験をもとに紹介していきます。



ちなみにこれから紹介する転職エージェントでも良いですし、別のエージェントでも良いですが、登録は4社くらいするのをおすすめします。



理由はリクナビNEXTが出している「転職成功者は平均4.2社に登録している」というデータがあるからです。

ちなみに失敗している人は平均2.1社です。参考にしてみて下さい。



リクルートエージェント

ポイント
  1. 求人数、実績が業界No.1
  2. 全国に拠点あり
  3. 比較としても登録必須

確実に登録すべき転職エージェントです!



リクルートエージェントは担当者がとても親切に対応して下さいました。

求人数、実績共にNo.1はダテじゃないです。



僕はリクルートエージェント経由で1社内定、3社最終面接という結果でした。

最終的には他のエージェント経由で転職を決めてしまいましたが、最後まで気持ちの良い対応をしてくれました。

体験談はこちらをご覧下さい。

他社経由で決まっても丁寧なメールが来ました!


総合型としては登録必須で、他エージェントとの比較としても確実に利用をおすすめします。



ワークポート

ポイント
  1. IT業界に強みを持っている
  2. 未経験分野への転職に強い
  3. 対応が親身で安心感がある

IT業界を目指すなら登録必須です!



ワークポートは僕の転職先を決めた転職エージェントでした。

担当者の方もアシスタントの方もとても対応を親身にして下さり、内定まで安心して利用することが出来ました。

ある意味すごく人間臭くて好きでした笑


アパレルからITの未経験分野への挑戦でしたが、「eコンシェル」というサポートツールでこまめに連絡をして進めていけました。



doda転職エージェント

ポイント
  1. リクルートエージェントに匹敵する求人数
  2. とにかく求人をたくさん紹介してくれる
  3. 求人を精査出来れば使える可能性高い

色んな求人を見たい人はおすすめです!



dodaは求人をとにかく沢山紹介して下さいました。
ぶっちゃけ多すぎて処理しきれずに困りましたが笑

あまり明確にビジョンが定まっていない場合は、待っていてもガンガン求人が入ってくるのでそこから見つけることも出来ますね。



ただ僕は正直、担当者の方と相性が悪くて途中で紹介を断りました。。

直接ではなく電話面談だったので、希望を伝えきれてなかったのもあると思いますが、ちょっと対応に不満も多かったです。

体験談はこちら



ただ別の担当者であれば全然違う可能性はあるので、また転職をする際にも利用はすると思います。圧倒的な求人数は魅力的でした。



マイナビエージェント

ポイント
  1. 20代は圧倒的実績、30代も今後力を入れていく方針
  2. 手厚いサポート体制が定評
  3. 求人数は少なめだが、独占案件も多い

しっかりサポートを受けたい人にはおすすめ!



マイナビエージェントは併用で使いました。

対応が親切ですごく安心感があったので、不安になることもなく進められました。



新卒や20代の領域で圧倒的な実績を誇るので、若い人には特におすすめです。

これから30代にも力を入れるみたいなので楽しみですね。



type転職エージェント

ポイント
  1. 東京、埼玉、千葉、神奈川に特化した転職エージェント
  2. 希望とマッチングする求人が多い
  3. 年収100万以上UPした人も多数

首都圏に住む人なら本命としてもおすすめ!



type転職エージェントからは大手1社の面接へと進みました。

面接前に電話で30分くらい対策をしてくれたり、サポート内容はとても手厚かったです。



残念ながら地方には拠点もなく求人もないのですが、首都圏であれば本命として使うのも良いと思います。

年収100万以上UPさせた人も結構いるみたいなので、キャリアアップしたい人にはおすすめです。



JACリクルートメント

ポイント
  1. 年収500万以上のハイキャリア専門
  2. 管理職やキャリアアップを目指すならNo.1
  3. 大手企業専属のキャリアアドバイザーも配備

ハイキャリアで更なるキャリアアップを望む人におすすめ!



JACリクルートメントからは世界TOP3に入るくらいの企業の面接に進みました。

ハイキャリア専門とあって、担当者の方たちの知識も豊富なので年収500万以上で更にキャリアアップを狙うなら登録必須です。

面接対策も2.3回くらいとても手厚くやってもらえたので心強かったです。



ビズリーチ

ポイント
  1. 年収500万以上なら登録必須
  2. 待っていてもヘッドハンターから連絡が来る
  3. 自分で応募も出来るので使いやすい

大手以外の転職エージェントからも連絡が来て幅が広がる



ビズリーチは転職エージェントではないんですが、登録をすると転職エージェントから連絡が来るシステムです。

大手以外の特化型エージェントも知ることが出来るので、あまり出てこない求人を知るきっかけにもなります。



自分でも応募をすることが出来るので、年収500万以上でキャリアに自信がある人は登録必須です。



評判に流されずに転職エージェントを最大限活用する方法

ぶっちゃけネットの評判は当てになりません。

今回僕が挙げた転職エージェントも「僕はそうだった」というだけで、あなたも同じ結果になる訳ではありません。



なので、

どんな場合でも転職エージェントを最大限活用出来るように知識を持っておきましょう。



自分で準備をした上で転職エージェントを使う

まず転職エージェントを使う前に準備をしましょう。

具体的には「自己分析」と「求人の選定」です。



  • 自分が現職でどんな実績、経験をしたのか
  • 将来的にどんなキャリアを作りたいか
  • そのためにどんな業界、企業に入りたいかを転職サイトで選定

このあたりを整理しておくと、転職エージェントとの面談で答えられるのでサポートが手厚くなります。

転職サイトは「リクナビNEXT」を使えばいいと思いますよ。

あとは「MIIDAS(ミイダス)」を使うと、自分の市場価値が分かるのと、企業からアプローチが来るのでおすすめです。

こんな感じで出てきます。


評判は参考程度にして、強み・弱み(総合型、特化型)などを考慮する

業界が決まってる人はプラスで特化型を1~2社利用するのがおすすめです。

総合型ではフォローしきれない中小企業も、業界特化型だとあったりするので求人の幅が広がります。



参考までに特化型転職エージェントをグラフにしたので使ってみて下さい。

おすすめ① おすすめ②
首都圏type転職エージェント
管理職・高年収 JACリクルートメント ビズリーチ
IT業界ワークポート
アパレルファッショーネ
アスリート【アスリートエージェント】
外資・海外JACリクルートメント
エンジニア専門TechClipstechcareer freelance
看護師ナースエージェント


担当者を信じすぎず、自分で会社のリアルな評判もチェックする

転職エージェントはボランティアではなくビジネスです。

そのため転職エージェントに得があるように自然と誘導されている場合もあります。



なので、

担当者を信じすぎずに自分でもしっかりとリサーチをしましょう。



OpenWorkを使えば社員のリアルな口コミが分かるので、入社してからギャップがありすぎるリスクが減ります。



「ここなら行ってもいいかな」って思える企業に応募する

転職エージェントと面談すると

プク
出来るだけ沢山応募しましょう!

って多分言われます。



僕の場合、未経験業界への転職だったのもあると思いますが、結局たくさん応募しすぎると選考進んだときに大変です。



おけこ
この会社なら行ってもいいな!

って思える企業だけに応募するのがおすすめです。



転職エージェントの利用手順

簡単に転職エージェントを利用する際の手順をお伝えします。



  • 無料登録
  • 面談(直接or電話*直接がおすすめ)
  • 書類添削など
  • 応募
  • 書類選考
  • 面接対策
  • 面接
  • 内定
  • 手続きして終了

こんな感じです。



不安なところは何度も聞いて進めていきましょう。

おけこ
分からなかったら僕に聞いてくれても全然OKですよ


まとめ

今回は「転職エージェントの評判についての真実」をお伝えしました。



ポイントをまとめるとこんな感じです。

  • ぶっちゃけ評判は当てにならない
  • 相性の良い担当者選びと自分の希望で選ぼう
  • エージェントを信じすぎず、自分でもしっかり調べよう


転職エージェントを使う人は今後どんどん増えてきます。



これから転職を考える人にこの記事が少しでも役立てば、とても嬉しいです。

素晴らしい未来を掴み取りましょう!

おけこ
ではまた!


転職エージェントって相談だけでもいいのか迷っている人はこちらもご覧下さい。

【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です