【転職エージェント何社掛け持ちが正解?】複数登録の理由とメリット

(この記事は3分くらいでさくっと読めます)



転職エージェントって何社くらい登録すればいいんだろう?

1社に絞るのは良くないのかな?

なんで複数登録を薦めるのか知りたい!



そんなあなたにオススメの記事です。



おけこ
どうもこんにちは
転職エージェントに5社以上登録して転職活動真っ最中の
おけこと申します。

現在副業でブログとココナラでTwitterコンサルをしてます。
Twitterアカウント:フォロワー数2300人くらい



今いる会社の給料じゃ将来不安だから転職を考えてる。



そんな人ってめっちゃ増えてます。



「転職エージェント」がおすすめなのか何となく分かった。

でも何社くらい登録すべきか、そもそも1社じゃダメなのか良く分からない。

もう○社登録して頑張りなさい!って言ってほしい笑



そんな人に向けて今回は「転職エージェントには何社登録すべきか?」についてお伝えしていこうと思います。



ちなみに僕も絶賛転職活動中でして実体験からお話出来るので是非参考にしてみて下さい。



おけこ
では行きましょう!


【スポンサーリンク】




転職エージェントには何社登録するのがおすすめ?複数掛け持ちの真実



うだうだ言うのもあれなので早速結論をバシッと言います。



「4~5社がおすすめです!」



理由は4つあります。

  • 登録社数データ
  • 担当者選び
  • 求人数と質
  • 用途

それぞれ後ほど詳しく説明します。



具体的には「総合的なエージェントに2~3社、専門的エージェントに2社」

このくらいのバランスが経験的にも良いと思います。



とりあえず1社に絞るのは絶対やめて4~5社を併用することをおすすめします。



転職エージェントに何社も複数掛け持ちすべき理由①登録社数データ

まず1つ目の理由は「成功した人の登録社数データが出ているから」です。



転職エージェントを利用した人の中で「転職成功者4.2社、転職希望者全体2.1社」っていうデータが出ています。



つまり4社くらいに登録した人が転職成功してますよ~ってことです。



これは予想ですが、どれだけ意欲的に転職活動をしたかが表れているんじゃないかと思いますね。



転職エージェントに何社も複数掛け持ちすべき理由②担当者選び

2つ目の理由は「担当者選び」です。



どういうことか具体的に説明しますね。



例えば1つの転職エージェントの中に仮に50人担当者がいるとします。

その中で自分の担当者になるのは確率1/50ですね。



それだけいれば「性格、経験値、得意な領域」に差が出て当然です。



つまり自分に合うかどうかは運次第ってことです。



何社も転職エージェントに登録することは「色んな人の中から相性の良い人を選びだす」ことに繋がるので是非複数登録で比較していきましょう。



転職エージェントに何社も複数掛け持ちすべき理由③求人の量と質

3つ目の理由は「求人の量と質が違うから」です。



担当者の違いに加えて企業と転職エージェント自体の関係性にも違いがあります。



転職エージェントには「非公開求人」や「独占案件」というのがあって、その転職エージェント限定で出している求人があったりします。

こればかりは聞いてみないと分からない部分でもあるのですが、1社に絞るのは可能性を狭めることになってしまうのでおすすめしません。



本当に自分が求める求人を探すためにも何社も登録してみるのをおすすめします。



転職エージェントに何社も複数掛け持ちすべき理由④目的別に使い分ける

最後4つ目の何社にも登録すべき理由は「用途で使い分けが出来るから」です。



転職エージェントには色々な業界を網羅的に扱う「総合タイプ」とITなど業界に特化した「専門タイプ」があります。



複数登録すると「総合タイプで集めた情報を専門タイプで絞っていく」みたいなことが出来ます。



僕自身も「リクルートエージェント」や「doda」などの総合タイプと「JANリクルートメント」や「シンフォニード」などの専門タイプに登録しています。



「この業界で決まり!!」って人は専門だけでもOKですが、色々比較したい人は総合にも登録する方が選択肢が広がりますよ!



転職エージェントを何社も複数掛け持ちすることのデメリットとは?



これまでメリット的な面をお伝えしましたが、ぶっちゃけ何社も併用するデメリットもあるのが現実です。



良いことばかり言ってもあれなので実体験ももとにお伝えします。



結論から言って「管理が大変になること」が唯一のデメリットです。



なんでかと言うとこんな感じです。

  • 電話が頻繁にくる
  • メールが凄まじい数届く
  • 誰とどこまで進めたのか分からなくなる


僕もdodaの担当者の方から70社くらいの求人紹介が一気に届いて

おけこ
いやいや多すぎ

ってなりました笑



もちろん善意でやってくださったとは思いますが、自分の希望をしっかり伝えて不要な情報が来ないようにするのは必須ですね。



転職エージェントを何社も複数掛け持ちする際に気を付けた方が良い注意点とは?



また何社も転職エージェントを併用する際の注意点も2つあります。それは

  • 同じ求人への応募をしないこと
  • 複数利用を正直に伝えておく

こちらです。



沢山の転職エージェントを併用しているとどこから応募したか分からなくなって、複数のエージェントから1つの企業に重複して応募する危険があります。



これをやってしまうと、企業側からの信用が落ちて選考にも落ちるという最悪の事態が起こります。絶対にしないように気を付けましょう!



また注意点というかアドバイスですが、複数の転職エージェントを利用していることを正直に伝えましょう。



相手も心構えが出来ますし、自分のところから採用に繋げるために本気になってくれる可能性があります。



自分で管理をしっかりして誠実な対応をするようにしましょうね。



とりあえず登録必須の総合転職エージェントは?3社だけ紹介



「何社も登録した方がいいのは分かったからおすすめの転職エージェントを教えて~!」

って人もいると思うので、とりあえず登録必須の総合タイプ3社だけお伝えします。



この3社です。



理由は「知名度・実績・求人数・評判」ですね。



業界トップクラスの知名度や実績を持つ各社なので、そもそも大外れする危険が限りなく少ないです。



まずこの3社に登録して情報を調べて、興味のある業界専門のエージェントに登録するみたいな流れがおすすめですね。



リクルートエージェントに相談

doda転職エージェントで相談

マイナビエージェントに相談

まとめ



今回は「転職エージェントには何社登録するべきか」についてお話ししました。



ポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 転職エージェントは4~5社併用がおすすめ
  • 理由は可能性を広げられるから
  • 複数登録のデメリットは管理が大変になること
  • とりあえず総合→そこから業界専門がおすすめ


いざ転職エージェントに登録しようとしても、ぶっちゃけ多すぎて選べませんよね。

今回お伝えしたポイントを意識して是非あなたに合ったエージェントを見つけてほしいと思います。

一緒に転職活動頑張りましょう!!!



おけこ
ではまた!


あなたにオススメの記事はこちら↓

【20代向け】おすすめの転職エージェントBEST3(選び方や体験談、活用法もご紹介)

【決定版】経験者が本気で勧める30代におすすめの転職エージェントと全活用法

【会社員が年収を上げる方法は3つだけ】令和時代サラリーマンのおすすめは副業と転職

【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です