「2019年最新」副業をしている人の割合はどれくらい?収入や時間なども徹底解説

副業ってワードをよく聞くようになったけど、実際どれくらいの人がやってるんだろう?

そんな疑問にお答えします。

おけこ
副業のリアルが知りたい
プク
教えるニャ

(この記事は2〜3分くらいで読めます)

どうも、30歳なのにこの前居酒屋で年齢確認をされた

おけこと申します。

政府が副業解禁を発表してから、

ちまたで副業というワードを聞くことも

増えたかと思います。

今回の記事では、

「実際副業ってどれくらいの人がやってるの?」

そんな疑問に答えていきます。

ちなみに僕の事を少しだけ話すと

  • アパレル営業のサラリーマン7年目
  • せどり副業で収益月5万円を3ヶ月連続達成
  • ブログ開始1ヶ月で収益化達成
  • Twitter運用2ヶ月でフォロワー2000人達成

こんな感じの経歴です。

ちなみに会社は副業禁止ですが、

気にせずやってます。

「いやいや副業禁止でやって大丈夫なん!?」

その辺りが気になる方は

こちらの記事をどうぞ↓

副業が禁止になるのはどんなケース?

このように副業を色々とやっている

僕がリアルなサラリーマンの副業のリアルをお伝えします。

今回のメインターゲット

 

  • 副業の実態を知りたい人

記事を読んで分かること

  • 副業のリアルな実態

【スポンサーリンク】


副業をしている人の割合はどれくらい?収入や時間なども徹底解説

æ¡ã®æ°å­, ã«ã¦ã³ã, æ°å­¦, æ°, æè², åµé æ§, 楽ãã, ç§å­¦, ã«ã©ãã«ã§ã, æå

実際サラリーマンのどれくらいの割合が、

副業をやっているのでしょうか?

正直に言うと

「完璧にコレ!」

っていう数値は出ていません。

理由は調査会社や調査対象にする

業種によっても数値が異なるから。

いやいや何のためにここまで読んだんだよ!

って言う人がいると思うので、

参考となるデータをいくつか挙げます。

  1. マイナビニュース→29.6%
  2. 大企業の割合→16.7%
  3. 1000社ほどのリサーチ検証→10.9%

結構ばらつきがありますがリアルな所は、

10〜20%の間

という感じでしょうか。

この割合を見るとまだまだ副業が

サラリーマンのリアルな生活に

入りきっていない事が分かりますね。

ただ興味深いのが、

4〜7割の割合でサラリーマンは副業に関心を持っているという事です。

何かのきっかけで爆発的に副業をやってる

人の割合が増える可能性はありますね。

きっかけを掴みたい人はこちらの記事がおすすめ↓

副業で成功するために必要な3要素

副業をしている人の収入はどれくらい?

実際に副業をやっているサラリーマンは、

どれくらい稼いでいるのでしょうか?

こちらも数値はバラバラなのですが、

色んなデータを比較した所

平均月5万円くらい

というのが信頼性が高そうでした。

ただ副業をやっている人には

  • アルバイトをしている人
  • ブログを書いている人
  • プログラミングをやっている人
  • せどりをやっている人

など様々なジャンルの人がいますし、

正直、月100万とか稼いでいる人もいるので、

その人達が平均を押し上げているのも

あります。

意外に稼げている人の割合は少ない。

といったのがリアルかもしれませんね。

とはいえこれからの世の中を考えた時、

個人で稼げる力は重要なので、

僕個人としても早めに副業をやることを

全サラリーマンにおすすめします!

サラリーマンが副業をやるべき3つの理由

プク
個人で生きていく力は重要ニャ

副業に使っている時間はどれくらい?

副業をやっている人はどれくらいの時間を

使っているのでしょうか?

こちらもデータをいくつか比較検証した所、

週に10時間くらい

というのがリアルに近いと思います。

内訳を見ると

  • 平日に1日1時間
  • 土日で1日2〜3時間

こんな感じでしょうか。

サラリーマンは当然ながら本業があります。

本業に支障が出ない割合で

副業をやるとなるとこれくらいの時間が

リアルな数値かと思います。

時間が限られているサラリーマンは

副業として何をやるかも重要ですね。

通勤時間で出来る副業が知りたい人はこちら

まとめ

今回は実際サラリーマンで副業をやってる人ってどれくらいいるの?

そんな疑問に答えました。

副業への注目度は増していますが、

実際にまだまだ定着していないのが現状。

すでに気づいて行動をしている人は

ホントに素晴らしい!

色んな事を試せるのが

逆に副業の強みでもあるので、

少しでも興味を持ったものから

「とりあえずやってみる」

のがおすすめです。

あ、それとリスクだけは

頭に入れておいて下さいね。

サラリーマンが低リスクで出来る副業についてはこちら

あなたの今後がキラキラしたものに

なりますように。

おけこ
ではまた!
今回のポイント

 

  1. 副業を実際にやっている人はまだ少ない

  2. 短時間、低リスクのものから始めるのがおすすめ

おすすめの副業が知りたい人は↓

サラリーマンにおすすめの副業BEST5

無料で簡単登録、短時間で出来る案件も豊富なクラウドワークス↓

【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です