ダメな会社にはさっさと見切りをつけましょう【我慢は時間のムダ】

(この記事は4分くらいで読めます)



おけこ
お疲れです、おけこ(@kei1031jordan23)です。
6年半勤めた会社に見切りをつけて未経験転職をしました。


プク
なんか最近、成績の良い人が辞めていくな〜
昔ながらの社風で今後が心配だよな。。。
見切りってどんな時にみんなつけてるんだろう?


今回はこんな悩みを解決出来る記事です。



何故なら僕自身、6年半勤めた会社に将来性を感じられなくなり、最近成果報酬型の企業に転職をしたからです。



この記事では「会社に見切りをつけるタイミングと取るべきアクション」を知ることが出来ます。



どうせ頑張るなら、しっかりとリターンが合ったり、企業の成長に繋がっている実感が欲しいですよね?

今は圧倒的な売り手市場なので、嫌な会社で時間を過ごすことはリスクでしかありません。

今回の記事を読んで、今のままいくのか、環境を変えるのか参考にしてもらえればと思います。



    【この記事がおすすめの人】

  • いつ会社に見切りをつけるか迷っている人
  • 【最後まで読んだら分かること】

  • 見切りをつけるタイミングと取るべきアクションの知識
おけこ
では行きましょう!


見切りをつけたほうが良い会社の特徴7つ

プク
どんな会社だったら見切りをつけたほうがいいの?
おけこ
7つのパターンを教えるね


見切りをつける条件は色々とありますが、参考となるものを7つ程お伝えして行きます。

  • 労働環境が悪い
  • 優秀な人材が辞める
  • 人間関係が悪い
  • 社長や経営層と考え方が合わなすぎる
  • 掃除が出来ていない
  • ハラスメントが横行している
  • 考え方が古すぎる


労働環境が悪い

いわゆるブラックな労働環境に当たる場合です。

残業や休日出勤が多い、社内的にインフラが整っていないなどが該当します。



社内的なインフラの問題とは例えば、しっかりと部署ごとにやる事が整理させていない場合があります。

ベンチャー企業などは、まだ部署が役割が明確に別れておらず、一人当たりの負担が多くなる傾向があります。

もちろんその環境で自分を磨くのもありですが、ハードになるのは確実です。



優秀な人材が辞める

おけこ
成果を出している人が辞める環境は危険信号です。


優秀な人は会社でも成果をどんどんと出す事ができます。

しかし、それに対する十分なリターンが期待できなかったり、評価をしてもらえない環境では遅かれ早かれ見切りをつけるはずです。



頑張っても中々給料が上がらない会社では、優秀な人材は満足する事ができないので他に行ってしまうでしょう。

>> 関連記事:「もしかして実は仕事できるんじゃ?」って人の特徴&なるための方法



人間関係が悪い

嫌な上司がいたり、人間関係が殺伐としていたりすると居心地が悪いですよね?

いくら年収が高くても、そんな職場環境で毎日過ごしていると消耗するのは確実。



人間は職場に3人仲が良い人がいると満足感が上がるみたいですが、こんな環境ではそれも期待出来ません。

逆に人間関係はドライな方がいい人もいるので、ここは感じ方に個人差がありますね。

>> 関連記事:【解決】職場の人間関係でストレスを抱える人へ【原因と対策を解説】



社長や経営層と考え方が合わなすぎる

自分の目指す仕事のスタイルと経営層の考えとのギャップを感じすぎるのも見切りをつける原因になります。

まだ社歴が浅い人は関係ないかもしれないですが、僕は中間管理職だったので経営層の考えと一般層の考えの中間にいました。



例えばこれからはテクノロジーをフル活用して、業務効率化を図る時代なのに、「営業はとにかく足で稼げ!」とか言ってたら引きますよね?

>> 関連記事:【営業経験7年以上の僕が語る】向いてない人の特徴6つと解決策3つ



自分達のスタイル云々じゃなく、時代の流れを読めていない会社はいずれ衰退するので見切りをつける人もいるかもしれません。

というか、まさに僕でした笑



日頃から勉強をしている人ほど、古い考えの人たちとのギャップが生まれてくるのは仕方がないので、先進的な会社に行くのも考えましょう。



掃除が出来ていない

おけこ
これってわりと大事です


いきなり毛色が違う原因だと思うかもしれませんが、掃除すら出来ていない会社が成果を残すことはありません。

机を比べてもわかりますが、仕事が出来る人の机は綺麗に片付いていて、仕事が出来ない人は散らかっています。

自分が仕事をする環境を整えられていないので、仕事のパフォーマンスが上がるはずもないからです。



汚くても誰も掃除をしないような職場は、人任せな風潮があるので業績も上がらず、いる人のモチベーションも低いので見切りをつけるポイントになります。



ハラスメントが横行

おけこ
論外ですが、ハラスメントがお横行する会社からは抜け出しましょう


パワハラ、セクハラ、アルハラ、モラハラなど多くのハラスメントが横行する会社は論外ですが見切りをつけるべきです。

そんな環境で仕事をしても消耗するだけですし、耐えても成長するかというとそんなことはありません。



むしろその環境にいるせいで自分に対する悪影響が甚大なのですぐに見切りをつけましょう。



考え方が古すぎる

経営層だけでなく、一般層にまで古い考え方がある場合も検討すべきです。

  • 飲み会は絶対に参加
  • 上司が残業してるなら部下も残業が当たり前
  • 石の上にも三年


その環境で自分が消耗していないのであれば問題ないです。

しかし、個人が価値を高めて行く時代の現在、自分の時間をムダに消耗するのはリスクです。

時代の流れは加速していて、いくらなんでも「石の上にも三年」の考え方は古すぎます。せいぜい一年くらいでしょう。



自分の市場価値が高まるのかを考えて、今の会社に見切りをつけるのかは検討した方がいいですね。



会社に見切りをつけた人が今日から取るべき3つのアクション

プク
でも実際にどんな行動をしていけばいいの?
おけこ
3つのアクションを紹介するね


見切りを会社につけるにも、いきなり辞めてしまうのはベストではありません。

会社との関係をわざわざ悪くして辞める必要もないですし、次に会社を選ぶのも余裕を持って選んだ方がいいです。



ここからは会社に見切りをつけた人が取って行くべき3つのアクションを説明します。



後任を作っておく

まずは自分の仕事を部下や同僚にも教えておくことです。



僕の例を上げると、新規事業を一人で立ち上げて売上を作って評価をしてもらったのですが、翌年には部下に事業を引き継ぎました。

会社で自分しかやり方を知らない」という状態はブランド価値としては高いですが、あなたが辞めると事業が終わるので、辞めるのを躊躇すると思います。



なので、自分が知っていることは日頃から全て伝えて後任を作っておくと引き継ぎがスムーズに出来ますよ。



スキルを身に着ける

おけこ
今の時代において、個人のスキル=市場価値です。


今までは終身雇用が当たり前だったので、スキルがなくても生きていけました。

しかし、いつリストラになるか分からない現代ではスキルがないのは致命的になります。



もし今の状態で「外から評価されるスキル」がない人は、まずスキルを身につけることを意識するといいかもです。

例えば営業力、管理能力、コミュニケーション力など何でも構いません。ただ客観的にみて価値があるスキルなのが重要です。



またこれからの時代だと「プログラミングスキル」はかなり汎用的なスキルです。

フリーランスエンジニアともなれば平均年収は850万以上です。



詳しくは【2020最新】サラリーマンにおすすめ副業BEST3を断言しますをご覧下さい。



転職活動を始める

おけこ
見切りをつけたら転職活動を始めちゃいましょう


今すぐに転職をしないにしても、世の中にどんな求人があるのを知っておくことは武器になります。

ちなみに転職活動は在職中にするのがマストです。なぜなら辞めて収入がない状況だと焦って転職で失敗する確率が上がるからです。



まずは転職サイトや転職エージェントで求人を見てみましょう。

特に転職エージェントは自分の経歴や志望先にあった求人をピックアップしてくれたり、面接対策をしてくれたりとサポートが豊富です。



詳しくは【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】をご覧下さい。



今は売り手市場だし、我慢を続けるのはリスクでしかない

おけこ
時間をムダにしないのが一番大事です


これからは人生100年時代と言われるように、仕事の期間が長くなります。

長い時間を過ごすのに、ガマンを続けるのは辛いですよね?



また今は会社をいくらでも選べる時代です。

今の会社が合わなくても、自分に合った会社はどこかに必ずあります。

あなたの人生を変えられるのはあなただけです。一緒に頑張りましょう。



まとめ

今回は「会社に見切りをつけるタイミングと取るべきアクション」をお伝えしました。



今回のポイント
  • 今は売り手市場なので、我慢を続けることはデメリットが多い
  • 環境が変わるだけで、生活が一変する可能性もある
  • 在職中から出来ることを始めておこう


転職が当たり前になった今、自分を生かせない会社やブラックな環境を続ける意味はありません。

一度きりの自分の人生を悔いのないようにしていきましょう。 まずは一旦、求人を探すところから始めると良いですよ。

おけこ
ではまた!


【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です