転職エージェントに断られるのはわりと普通です。【理由と対処法をご紹介】

(この記事は5~6分くらいで読めます)



転職エージェントに紹介を断られたんだけど、これって絶望的?
なんで転職エージェントは紹介を断わるの?
断られたら転職出来ないのかな?



こんな疑問を解決出来る記事になってます。



なぜなら僕自身、現在転職活動真っ只中で転職サイト・エージェント含めて20以上を運用しているからです。

ぶっちゃけ断られたことも普通にありますが、色々と調べて知識を付けたことで問題なく転職活動を進めることが出来ています。



↑こんな感じでメールが来ました。(レバテックキャリア)

まあまあへこみます。



この記事では「転職エージェントに断られる場合の正しい知識と対処法」を知ることが出来ます。



最後まで読んでいただければ、転職エージェントが断ってくることの理由が分かり、次にどんな対処をするかの知識が完全に網羅されます。



「転職活動をちゃんと進められなかったために、またブラック企業へ逆戻り…」なんてことがなくなると思うのでしっかりと理解していきましょうね。



おけこ
では行きましょう!


【スポンサーリンク】




転職エージェントに断られるのはわりと普通です

転職エージェントに断られると「自分はもう転職出来ないんじゃないか…」って不安になると思います。

僕もレバテックキャリアに紹介を断られた時は、自分のキャリアを否定された気がしてへこみました。



でも断られる理由はぶっちゃけたくさんあるし、実際に断られている人も結構いるから心配ないです。気を取り直しましょう。



ここからは実際どんな理由で転職エージェントは紹介を断るのかを説明します。



転職エージェントに 紹介出来ないと断られる理由

転職エージェントに断られる理由は大きく分けて2種類あります。



それは「求職者側が問題の場合」と「転職エージェント側が問題の場合」の2種類です。



それぞれ見ていきましょう。



転職エージェントに断られるケース:個人の問題

まずは転職希望者側が問題で転職エージェントから断られるケースです。



こちらは大きく分けて5つ要因があります。

  • 個人の問題で断られるケース①転職回数が多い
  • 個人の問題で断られるケース②希望の職種が特殊
  • 個人の問題で断られるケース③ブランクが長い
  • 個人の問題で断られるケース④転職への意思が弱い
  • 個人の問題で断られるケース⑤転職エージェントから紹介された求人の内定辞退を複数回している


どうでしょう?心当たりありましたか?

それぞれ見ていきましょう。



個人の問題で断られるケース①転職回数が多い

転職回数があまりにも多いと雇う企業も不安になりますよね。

1年弱で入る、辞めるを繰り返している場合など「企業から確実に突っ込まれる部分」は転職エージェントも気にします。



「何回くらいが基準なの?」って思う人のためにボーダーラインをお伝えします。

20~24歳3社以上
25~29歳4社以上
30~39歳5社以上
40~49歳6社以上
50歳以上7社以上


これ以上転職をしている人は断られる可能性も視野に入れた方がいいかもですね。



個人の問題で断られるケース②希望の職種が特殊

転職エージェントに載っている求人は「基本的にホワイトカラー」の求人です。

*ホワイトカラーってのはワイシャツを来てやる仕事なのでいわゆるサラリーマンです。



例えばあなたが希望する求人がこんな場合だと転職エージェントにない求人のため断られる可能性が出てきます。

  • 職人系
  • 芸能系
  • 教師
  • パイロット


これは一例ですが、一般的にイメージできるサラリーマンの職業ではない場合、転職エージェントも紹介出来る求人がないことから、断られる可能性もあるでしょう。



個人の問題で断られるケース③ブランクが長い

仕事を辞めてからのブランクが長い場合も断られる可能性が増します。



紹介先の企業からしても「なんでこんなに間が空いてるんだろう?」って思いますもんね。

ただ理由がしっかり説明できる場合であればここに関してはあまり問題ないかと思います。



ちなみに僕の場合は、1社目を辞める理由が「歌手を目指すために本気でトレーニングをするため」って感じで説明したら普通に大丈夫でした。

むしろ逆に面白がられたかもしれません笑



個人の問題で断られるケース④転職への意思が弱い

転職エージェントのサポートは基本的に半年間のところが多いです。

そのため求職者が「どれくらい転職に本気なのか?」は重要なポイントです。



あとは転職エージェントの報酬の仕組みから考えても、転職への意思が高い人をサポートした方が効率良いですからね。



「ぶっちゃけまだ転職の意思はそこまでかなあ」と思っていても、出来るだけ早く転職を考えていると伝えた方がサポートを受けられる確率は上がります。



個人の問題で断られるケース⑤転職エージェントから紹介された求人の内定辞退を複数している

過去に転職エージェントから紹介された企業の内定をいくつも辞退していることが原因の場合もあります。



まあこれは普通に考えて分かりますよね。

転職エージェントと企業にも信頼関係がありますから、せっかく時間を取って選考しても辞退されたら「なんだよ~」ってなります。



転職エージェントに紹介をしてもらえるとしても、出来る限り内定が出たら行く可能性が高い企業のみ選考に進むようにしましょうね。

転職エージェントは「なるべく多く応募しましょう!」って言ってきますが無視でOKです笑



転職エージェントに断られるケース:転職エージェントの問題

先程までは個人的な問題をお伝えしましたが、転職エージェントのサポート範囲の問題で断られるケースも存在します。



こんな感じです。

  • サービス対象外で断られるケース①住んでいる場所
  • サービス対象外で断られるケース②年齢
  • サービス対象外で断られるケース③希望業種、職種
  • サービス対象外で断られるケース④社会人未経験


サービス対象外で断られるケース①住んでいる場所

1つ目は求職者の住んでいる場所が転職エージェントのサポート範囲を超えている場合です。



電話面談が出来る転職エージェントであれば紹介はしてもらえますが、そもそも電話面談をやっていないエージェントもあるのでその場合は無理ですね。



各エージェントの面談場所を載せるので参考にしてみて下さい。

住んでいる近くに拠点があるならとりあえず大丈夫だと思います。

リクルートエージェント東京、栃木、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡、宮城、北海道
マイナビエージェント東京、大阪、名古屋、福岡
doda北海道、宮城、東京、神奈川、大阪、兵庫、広島、福岡
type転職エージェント東京
パソナキャリア東京、横浜、さいたま、福岡
JACリクルートメント東京、横浜、名古屋、静岡、京都、大阪、神戸、広島
Spring転職エージェント東京、名古屋、北海道、宮城、茨城、岡山、広島、福岡
レバテックキャリア東京
ワークポート東京、大阪、福岡、名古屋、横浜


ただ実体験としても感じますが、電話面談だとどうしてもサポート内容が薄くなるので、直接面談が出来る転職エージェントに紹介してもらうのがおすすめです。



サービス対象外で断られるケース②年齢

サービス範囲で断られる2つ目のケースは「年齢」です。



転職エージェントによって対象となる年齢に差がある場合もあります。

20~30代メインの求人を揃えている転職エージェントに40代の人が登録してきても紹介出来ないですよね?



大手であればそこまで制限はないので、最初は「リクルート、マイナビ、doda、パソナ」など大手総合型エージェントを選ぶのがおすすめですね。



サービス対象外で断られるケース③希望業種、職種

3つ目の断られるケースは特化型転職エージェントに異業種求人を求めた場合です。



例えば「IT業界特化」の転職エージェントに「製造業」の求人を求めても、「いやあ、ないですよ~」ってなりますよね。



自分が求める求人をしっかり持っている転職エージェントかは調べる必要がありますね。



サービス対象外で断られるケース④社会人未経験

最後のサポート範囲の問題は「社会人未経験」の場合です。



基本的に転職エージェントが用意している求人は「正社員→正社員」の転職をベースにしています。

そのため社会人経験や正社員経験がない場合は断られる場合も出てきます。



こういった人は「正社員未経験でもOKの求人を揃える特化型エージェント」を選ぶようにすると良いですね。

あとでまとめて紹介します。



転職エージェントに断られる際の次の手段は?5つの対処法

さて転職エージェントに断られる理由に関してはだいたい分かってもらえたかと思います。

ぶっちゃけ転職エージェントによって断らわれる理由はたくさんあるので、仮に1つ断られても気にしなくてOKです。



もし転職エージェントに断られたら、これから紹介する5つの対処法を試してみてください。

おけこ
では行きましょう!


断られる時の対処法①他の転職エージェントに登録してみる

まず断られる時に対処法1つ目は「他の転職エージェントに登録」です。



すでにお伝えしたように転職エージェントごとに対象範囲に差があります。

なので別の転職エージェントなら普通に紹介してもらえるケースは多いです。



例えば僕が断られた「レバテックキャリア」はIT業界やプログラミングのスキルがないと100%断られます。



ただ紹介までの難易度に差があるのは事実なので、総合型エージェントをS~Cランク別で分けました。(難←S~C→易)

Aランクくらいから試してみると良いかと思うので参考にして下さい。(名前をクリックすると公式サイトへ飛べます)

Sランク
*ハイキャリア向け(年収500万以上)
JACリクルートメント
外資・管理職クラスに強い
ビズリーチ
ヘッドハンターからのスカウトあり
Aランク
*書類選考に通りそうかが基準
リクルートエージェント
実績、求人数共に業界No.1
マイナビエージェント
20~30代の若手におすすめ
Bランク
*正社員経験があればOK
doda転職エージェント
リクルートと並んで求人数多い
パソナキャリア
業界No.1と評判のサポート力
Cランク
*フリーターやニートでも可能
ワークポート
IT業界、未経験に強い
年齢制限なし
DYM就職
35歳まで登録可
書類選考無しで正社員採用率96%


また特化型転職エージェントのおすすめも載せますので、自分の行きたい条件の所に登録してみると良いですよ。

おすすめ① おすすめ②
首都圏type転職エージェント
管理職・高年収 JACリクルートメント ビズリーチ
IT業界ワークポート
アパレルファッショーネ
アスリート【アスリートエージェント】
外資・海外JACリクルートメント
エンジニア専門TechClipstechcareer freelance
看護師ナースエージェント


断られる時の対処法②同じ転職エージェントに希望業種や条件を変えて再挑戦

おけこ
俺はどうしてもこの転職エージェントから紹介してもらいたいんや!!

って人は業種や条件を変えて再挑戦するのもありです。(そんな人いる?笑)



何度も言ったように転職エージェントによって紹介出来る求人の範囲が違うので条件を変えればOKって場合も余裕であります。

ちなみ転職エージェントに何社くらい登録するのがおすすめかどうかはこちらの記事にも書いてますが、とりあえず4~5社がおすすめです。



最終的に相性の良い担当者がいる2~3社に絞るとスムーズに進められますよ。



断られる時の対処法③転職サイトを利用する

3つ目の対処法は「自分で転職サイトから探す」です。

自分で探す分には断られることはないですからね。



どの転職サイトを使うかですが、業界No.1の「リクナビNEXT」でOKです。



ただ転職エージェントの方がサポートをたくさん受けられるので、出来れば転職エージェントで進めるのがおすすめです。



断られる時の対処法④公的支援サービスを利用する(ハローワーク、ジョブカフェ、サポステ)

4つ目の手段として「公的支援サービス」の利用があります。



具体的には3つあります。

  • ハローワーク:知ってる人も多いと思います
  • ジョブカフェ:厚生労働省と経済産業省の支援で運営されている求職者の能力向上と就業促進を目的としてサービス
  • サポステ:厚生労働省に委託されている若者自立支援中央センターが運営しています。 パソコン講座やストレスマネジメントから就職までのトータルサポートを行っています。


キャリアアップのサポートもしてくれるのでぶっちゃけ結構おすすめですよ。



断られる時の対処法⑤出身校のキャリアセンターを使う

最後の断られるケースの対処法は「出身校のキャリアセンター」です。



知っている人が少ないかもしれませんが卒業生も利用できるんですよ。

全く知らないところに相談するよりも安心感あるかもしれませんね。



まとめ

今回は「転職エージェントに断られる場合の理由と対処法」についてお話しました。



ポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 転職エージェントは条件によってわりと断られることもあるので悩まなくてOK
  • 断られる理由は個人と転職エージェントの問題の2パターンある
  • 断られても対処法はあるので心配ない


転職エージェントの実態を知れば、断られることも気にしなくて大丈夫なことが分かると思います。

是非あなたにベストな転職エージェントを選んで素晴らしい転職を掴み取りましょう。



今回紹介した転職エージェントをまとめておくので参考にしてください。

(ランク別)

Sランク
*ハイキャリア向け(年収500万以上)
JACリクルートメント
外資・管理職クラスに強い
ビズリーチ
ヘッドハンターからのスカウトあり
Aランク
*書類選考に通りそうかが基準
リクルートエージェント
実績、求人数共に業界No.1
マイナビエージェント
20~30代の若手におすすめ
Bランク
*正社員経験があればOK
doda転職エージェント
リクルートと並んで求人数多い
パソナキャリア
業界No.1と評判のサポート力
Cランク
*フリーターやニートでも可能
ワークポート
IT業界、未経験に強い
年齢制限なし
DYM就職
35歳まで登録可
書類選考無しで正社員採用率96%

(特化型おすすめ)

おすすめ① おすすめ②
首都圏type転職エージェント
管理職・高年収 JACリクルートメント ビズリーチ
IT業界ワークポート
アパレルファッショーネ
アスリート【アスリートエージェント】
外資・海外JACリクルートメント
エンジニア専門TechClipstechcareer freelance
看護師ナースエージェント




転職活動って大変ですよね。

でもここまで調べられる人だったらきっと素晴らしい仕事を選ぶことが出来ると思います!

「働いてて楽しい!転職して良かった!」って職場に出会えるのを心から祈ってます。



おけこ
ではまた!




【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です