「最速の上達法」成功者を真似して高速で結果を出す(TTPの法則)

どうもこんにちは☀️

おけこと申します。

 

 

あなたは今何かやりたいことや目標ってありますか?

 

「あるよ~」っていう人はどんな勉強の仕方をしていますか?

みんなどうせやるなら成果を上げたいと思いますよね。

 

 

今回のテーマは

最速で成果を上げる方法

についてお話していきます。

 

スーパーマン, レゴ, スーパー ヒーロー, ヒーロー, スーパー, 男, クラーク, ケント, 直流, 速度

 

  

1.成果を上げるには

 

そもそも成果を上げるためには成果を上げる方法を知っている必要があります。

成果を上げる→正しいやり方で努力する→正しいやり方を学ぶ

このようなステップです。

 

恐らくあなたがこれからやろうと思っていることは、

すでに誰か成功者がいるジャンルではありませんか?

 

もしそうであれば一番最速の方法は

成功者を真似ること」です。

 

真似るって卑怯じゃない?自分のやり方で成功したいよ!

 

という方もいらっしゃるでしょう。その気持ちすごくわかりますよ。

僕も自分のやり方で成功しないとダメでしょ!?というタイプだったので。

 

でもよく思い出してみて下さい。

 

生まれてから今に至るまで僕たちは「真似をする」ことで

色々なスキルを身に着けてきました。

 

小さいときは親のしていることを真似して、

学生になり先輩のしていることを真似して、

社会に入り上司のしていることを真似して、

 

というように僕たちの生活に「真似をする」ことは当たり前に存在しています。

何故真似をすることが当たり前なのかと言えば、

成功するための正しいやり方を学び行動するためです。

 

2.真似をすることのメリット・デメリット

真似をすることは成果を上げるための正しいやり方を学ぶことと言いました。

かといって真似をしてすべての事が上手くいくわけではないのも事実です。

 

この章では真似をすることのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

(メリット)

  • 遠回りをせずに済む
  • 真似をしている人にやり方を聞ける
  • やることが明確で無駄がない
  • おおよその期間のイメージが湧く

 

メリットはこのような感じでしょうか?

元々そのやり方をやっていた人がいるので、その人に聞くことで疑問はすぐに

解決します。

またやり方が分からず余計なものを調べたりする必要がないので、

成果に最短で到達することが出来ます。

またどのくらい時間が掛かるかもイメージが湧きやすいので、

先が見えなくて途中で断念する可能性を下げることも出来ます。

 

 

(デメリット)

  • その人と自分に能力差がある場合はなかなか同じ成果が出ない
  • 自分の頭で考える時間が少ないので周辺知識が身に付きづらい

 

逆にこのようなことがデメリットと考えられます。

やり方が分かっていても同じ人間ではないので、

同じ時間で同じ成果を上げることはほぼ不可能です。

短い時間で達成できることもあれば、もっと時間が掛かってしまうこともあります。

また最短で成果を出すために決まったやり方をひたすら真似しているので、

回り道をしながら行く場合と比べて幅広い知識がつくことは少ないと思います。

 

 

  

 

3.やるなら徹底的にパクる(TTPの法則)

真似をすることのメリット・デメリットの両方をお伝えしましたが、

やはりより早く成果を出すためには真似をすることには大きな価値があります。

 

周辺知識はあとからいくらでもつけられますし、そもそも同じ時間で成果を出す

必要はないので気にしなくて大丈夫です。

自分なりのペースで行きましょう。

 

ただせっかく真似をするなら「徹底的にパクる」を心掛けましょう。

 

徹底的にパクるとは文字通りですが、

やり方、環境などを出来る限り完全に真似することです。

 

例えば、

・あの人のように話せるようになりたい

→髪型、服装、声の大きさ、間の取り方、構成、表情など

 

・あの人のようにSNSで影響力を持ちたい

→アイコン、ヘッダ画像の構成や色合い、伝えたいメッセージ、書き方、リプの仕方、投稿する時間帯、フォロワーとの関わり方

 

などです。

これは一例ですし、まだ真似できる部分は無数にあると思います。

もし目標の人がいるのであれば「その人になる!」くらいの気持ちで

ひたすら真似して下さい。

 

「でも真似してるだけじゃその人を超えられないし、

真似されてるって知ったら嫌がられそう、、、」

 

大丈夫です!想像してみて下さい。

 

もし自分に後輩が出来たとします。

その後輩が「先輩みたいになりたいっす!」って言って

自分のやり方を真似して頑張っていたらどうですか?

「かわいいやつだな!もっと教えてあげよう!」

ってなりませんか?

 

大事なポイントは

  • 真似する相手に敬意を示す
  • 積極的に教わる姿勢

です。これをしっかりしていればよほど悪い印象を与えることはありません。

もし悪い印象を持つような小さい人だったら真似する価値もありません笑

 

 


【堀江貴文】「とにかくパクるが成功の秘訣だよ」基礎も出来てないのにオリジナリティはうまくいかない…

 

4.最終的には自分らしさを出す

真似をすることが最短で上達する方法であることは間違いありませんが、

最終的には自分らしさを出していく必要があります。

 

真似では同じくらいまでのレベルまで行けても超えることは出来ませんからね。

 

恐らくここまで必死に上達しようと頑張ってきた人であれば、

自分らしさをどうやって出したらいいかは何となく見えてくるのではないか

と思います。

 

少しだけ例を挙げると、

・商談後の相手への連絡

(真似をした人)メール

(自分らしさ)メール+手紙

SNSでフォローしてくれた人に対して

(真似をした人)コメントで「ありがとう」

(自分らしさ)コメント+ダイレクトメールで「ありがとう」

 

こんな感じです。

ほんの少しでもそれがあなたなりの個性になります。

 

目標とする人の背中が見えたなっと思ったら自分らしさを

是非意識してみて下さい。

 

自分撮り, 携帯電話, セルフ タイマー, フォト, 写真, 少年たち, チーム, 図面, スマイリー, 指

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

新しいことに挑戦しようと思っているあなたは素晴らしいです。

その気持ちを出来るだけ叶えてほしいので、

「上達のために真似をする」

を是非覚えて頂いて努力し続けてほしいなと思います。

 

あなたの人生がより良いものになりますように。

ではまた!

 

こちらの記事もオススメ↓

 

www.okekolife.com

 

 

www.okekolife.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です